GET PRINTABLE MARGIN

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.8.1


GET PRINTABLE MARGIN (left; top; right; bottom)

引数説明
left数値左マージン
top数値上マージン
right数値右マージン
bottom数値下マージン

説明

GET PRINTABLE MARGIN コマンドは、Print formコマンドに使用されるマージンの現在値を返します。

値は、用紙の端からの長さがピクセル単位で返されます。

GET PRINTABLE AREAコマンドを使用すると、用紙サイズの取得、および印刷可能領域の計算を行うことができます。

印刷可能なマージンの管理

デフォルトで、4Dにおける印刷に関する計算は“印刷可能マージン”に基づいています。このシステムの利点は、フォームが自動的に新しいプリンタに適応するということです(フォームは印刷可能領域に配置されるため)。その一方で、事前に印刷されたフォームの場合は、プリンタを変更すると印刷可能マージンが変わる可能性があるため、正確に印刷されるように各項目を配置することができませんでした。

4Dバージョン6.8.1以降、Print formPRINT RECORDおよびPRINT SELECTIONコマンドを使用して行うフォームの印刷を、各プリンタ共通の固定マージン(用紙マージン、つまり用紙の物理的な許容限界寸法)に基づいて行うことができるようになりました。これを行うには、GET PRINTABLE MARGINSET PRINTABLE MARGINおよびGET PRINTABLE AREAコマンドを使用します。

印刷用語について

・用紙マージン: 用紙マージンは、用紙の物理的な許容限界寸法に相当します。

・プリンタマージン: プリンタマージンは、その位置を越えてプリンタが印刷できないことを示すマージンです(プリントローラー、プリンタヘッドの行程終端等の物質的な理由により)。この値は、プリンタやフォーマットごとに異なります。

・デッドマージン: 用紙マージンとプリンタマージンとの間の領域のことです。

参照

GET PRINTABLE AREA, Print form, SET PRINTABLE MARGIN.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次