DOM Count XML attributes

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004 (Modified)


DOM Count XML attributes (elementRef) 倍長整数

引数説明
elementRef文字列XML要素参照
戻り値倍長整数属性数

説明

DOM Count XML attributes コマンドは、elementRefで指定したXML要素中に現れるXML属性数を返します。XML属性に関する詳細はXML DOM コマンドの概要の節を参照してください。

例題

要素の属性値を配列に受け取る前に、XML要素の属性数を取得します:

   C_BLOB(myBlobVar)
   C_STRING(16;$xml_Parent_Ref;$xml_Child_Ref)
   C_TEXT(myResult)
   C_LONGINT($numAttributes)

   $xml_Parent_Ref:=DOM Parse XML variable(myBlobVar)
   $xml_Child_Ref:=DOM Get first child XML element($xml_Parent_Ref)

   $numAttributes:=DOM Count XML attributes($xml_Child_Ref)
   ARRAY TEXT(tAttrib;$numAttributes)
   ARRAY TEXT(tValAttrib;$numAttributes)
   For($i;1;$numAttributes)
      DOM GET XML ATTRIBUTE BY INDEX($xml_Child_Ref;$i;tAttrib{$i};tValAttrib{$i})
   End for

上の例題で、$numAttributesは3になり、tAttrib{1}は“Font”、tAttrib{2}は“N”、tAttrib{3}は“size”、そしてtValAttribは"Verdana","1","10"になります。

Note: 配列のインデックス番号はXMLファイル中に表示される属性の順番通りではありません。XML中、属性のインデックスはnameのアルファベット順に並びかえられた属性の位置を示します。

参照

DOM Count XML elements.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されるとOKシステム変数に1が、エラーが発生すれば0が設定されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次