QR INSERT COLUMN

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR INSERT COLUMN (area; colNumber; object)

引数説明
area倍長整数エリア参照
colNumber倍長整数カラム番号
objectフィールド | 変数 | ポインタカラムに挿入するオブジェクト

説明

QR INSERT COLUMN コマンドは指定された位置にカラムの作成または挿入を行います。挿入された場所の右にあるカラムはすべて右側へ移動します。

colNumには、左から右へ順に付けられたカラム番号を渡します。

カラムのデフォルトのタイトルはobjectに渡された値です。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

例題

次のコードはクイックレポートエリアの一番目にカラムを挿入(または作成)し、カラムタイトルに“Field1”を設定し(デフォルト動作)、Field1の値をカラムの内容として代入します。

   QR INSERT COLUMN (MyArea;1;->[Table1]Field1)

参照

QR DELETE COLUMN.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次