QR GET SORTS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR GET SORTS (area; aColumns{; aOrders})

引数説明
area倍長整数エリア参照
aColumns実数配列ソートされたカラム
aOrders実数配列ソート順

説明

QR GET SORTS コマンドは、次の2つの配列を作成します:

aColumns

この配列には、ソート順が設定されているすべてのカラムが格納されます。

aOrders

この配列の各要素には、対応するカラムの並び替え順が格納されます。

- aOrders{$i}が1の場合、並び替え順は昇順です。

- aOrders{$i}が-1の場合、並び替え順は降順です。

クロステーブルモード

クロステーブルモードの場合、結果の配列に格納される項目は2つ以下となります。これは、ソートが実行されるのが、カラム (1) と行 (2) だけであるためです (aColumnsの値)。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

参照

QR SET SORTS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次