QR SET INFO ROW

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR SET INFO ROW (area; row; hide)

引数説明
area倍長整数エリアの参照
row倍長整数行指定
hide倍長整数0 = 表示, 1 = 非表示

説明

QR SET INFO ROW コマンドは、rowに渡した行を表示/非表示に設定します。

rowには、設定したい行を指定します:

rowが-1の場合、タイトルの表示属性を設定します。

rowが-2の場合、詳細の表示属性を設定します。

rowが-3の場合、総計の表示属性を設定します。

rowが正の整数である場合、表示属性を設定する小計 (ブレークレベル) を示します。

QR Rows for Propertiesテーマの定数を使用し、行アイテムを指定することができます (qr title= -1, qr detail=-2, qr grand total=-3)。

hideには、行を表示するか、または非表示にするかを示す値を指定します:

hideが1の場合、行は非表示に設定されます。

hideが0の場合、行は表示に設定されます。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なrow引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

例題

次のコードは、詳細行を隠します:

   QR SET INFO ROW (area;qr detail; 1)

参照

QR GET INFO COLUMN, QR Get info row, QR SET INFO COLUMN.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次