QR SET INFO COLUMN

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR SET INFO COLUMN (area; colNum; title; object; hide; size; repeatedValue; displayFormat)

引数説明
area倍長整数エリア参照
colNum倍長整数カラム番号
title文字列カラムタイトル
objectフィールド | 変数カラムに割り当てられたオブジェクト
hide倍長整数0 = 表示, 1 = 非表示
size倍長整数カラムサイズ
repeatedValue倍長整数0 = 繰り返ししない, 1 = 繰り返す
displayFormat文字列データの表示フォーマット

説明

リストモード

QR SET INFO COLUMN コマンドを使用して、既存のカラムに関するパラメタを設定できます。

areaには、クイックレポートエリアの参照を指定します。

colNumには、修正するカラムの番号を指定します。

titleには、カラムのヘッダに表示されるタイトルを指定します。

objectには、そのカラムの実際のオブジェクト (変数、フィールド、またはフォーミュラ) を指定します。

hideには、カラムを表示するか、あるいは非表示にするかを指定します。

・1を指定すると、カラムは非表示に設定されます。

・0を指定すると、カラムは表示に設定されます。

sizeには、カラムに割り当てるサイズをピクセル単位で指定します。-1はカラムのサイズを自動設定にします。

repeatedValueには、同一値印刷の有無を指定します。これは、フィールドまたは変数の値が連続するレコード間で同一値であった場合、同じ値を印刷するか、しないかを表します。

repeatedValueが0の場合、同一値は印刷されません。

repeatedValueが1の場合、常に印刷します。

displayFormatには、表示フォーマットを指定します。この表示フォーマットは、表示されるデータに対応した4Dフォーマットです。

次のコードは、カラム番号1のタイトルとしてTitleをセットし、カラムの内容としてField2をセットし、幅150ピクセルでカラムを表示してフォーマットを###.##に設定します。

   QR SET INFO COLUMN(area; 1;"Title"; "[Table1]Field2";0;150;0;"###,##")

クロステーブルモード

QR SET INFO COLUMN コマンドを使用して同様のパラメタを設定できますが、設定しようとするパラメタにより、適用するエリアの参照が異なります。

第一に、このコマンドをクロステーブルモードで用いた場合、引数titlehiderepeatedValueは使用されません。設定したい値がカラムサイズ、データソース、表示フォーマットのいずれであるかによって、colNumに使用する値が変わります。

・カラムサイズ

これは“視覚的”な属性であり、下図のようにカラムは左から右へと番号が付けられています。

次のコードは、クロステーブルレポートのすべてのカラムに対してサイズを自動に設定し、その他の要素は以前のまま変更しません:

   For ($i;1;3)
      QR GET INFO COLUMN(qr_area;$i;$title;$obj;$hide;$size;$rep;$format)
      QR SET INFO COLUMN(qr_area;$i;$title;$obj;$hide;0;$rep;$format)
   End for 

カラムサイズだけを変更したいため、QR GET INFO COLUMNを使用してカラムのプロパティを取得し、それをQR SET INFO COLUMNに渡してカラムサイズ以外の項目は変更していません。

・データソース (オブジェクト) と表示フォーマット

この場合、カラム番号は次の図のように作用します:

QR SET INFO COLUMNコマンドを使用しても、すべてのセルに対応できないことにお気付きでしょう。上図の中で番号が付けられていないセルに関しては、QR SET TOTALS DATAコマンドを用いて対処します。

次のコードは、基本的なクロステーブルレポートの作成に必要となる3つのセルに対し、データソースを割り当てます:

   QR SET REPORT TABLE(qr_area;TABLE(->[Invoices]))
   ALL RECORDS([Invoices])
   QR SET REPORT KIND(qr_area;2)
   QR SET INFO COLUMN(qr_area;1;"";->[Invoices]Item;1;-1;1;"")
   QR SET INFO COLUMN(qr_area;2;"";->[Invoices]Quarter;1;-1;1;"")
   QR SET INFO COLUMN(qr_area;3;"";->[Invoices]Quantity;1;-1;1;"")

この結果、レポートエリアは次のようになります:

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なcolNum引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

参照

QR GET INFO COLUMN, QR Get info row, QR SET INFO ROW.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次