QR Get info row

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR Get info row (area; row) 倍長整数

引数説明
area倍長整数エリア参照
row倍長整数指定する行
戻り値倍長整数0 = 表示, 1 = 非表示

説明

QR Get info row コマンドは、rowに渡した行に関する表示の有無を取得します。

rowには、情報を取得したい行を指定します:

rowが-1の場合、タイトルの表示属性を取得します。

rowが-2の場合、詳細の表示属性を取得します。

rowが-3の場合、総計の表示属性を取得します。

rowが正の整数である場合、表示属性を取得する小計 (ブレークレベル) を示します。

QR Rows for Propertiesテーマの定数を使用し、行アイテムを指定することができます (qr title= -1, qr detail=-2, qr grand total=-3)。

戻り値として行が表示されるか非表示であるかを示す値が返されます。戻り値が1の場合行は非表示に設定され、0の場合行は表示に設定されています。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なrow引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

参照

QR GET INFO COLUMN, QR SET INFO COLUMN, QR SET INFO ROW.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次