QR BLOB TO REPORT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR BLOB TO REPORT (area; BLOB)

引数説明
area倍長整数エリア参照
BLOBBLOBレポートを納めたBLOB

説明

QR BLOB TO REPORT コマンドは、blobに格納されたレポートをareaに渡されたクイックレポートエリアに配置します。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なblob引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

例題

1. 次のコードを使用し、データベースストラクチャと同じ階層にある“report.4qr”という名称のレポートファイルをMyAreaに表示することができます。このレポートファイルは4D 2003で作成されている必要はなく、以前のバージョンのものであっても構いません:

   C_BLOB($doc)
   C_LONGINT (MyArea)
   DOCUMENT TO BLOB("report.4qr";$doc)
   QR BLOB TO REPORT(MyArea;$doc)

2. 次の例は、Field4に格納されたクイックレポートを取り出し、MyAreaに表示します:

   QR BLOB TO REPORT(MyArea;[Table 1]Field4)

参照

QR REPORT TO BLOB.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次