QR SET DOCUMENT PROPERTY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR SET DOCUMENT PROPERTY (area; property; value)

引数説明
area倍長整数エリア参照
property倍長整数1 = 印刷ダイアログ, 2 = ドキュメントの単位
value倍長整数プロパティ値

説明

QR SET DOCUMENT PROPERTY コマンドを使用し、印刷ダイアログの表示の有無、またはドキュメントで使用する単位の指定を行うことができます。

propertyには、QR Document properties定数テーマ内にある次の定数を渡すことができます:

定数
qr printing dialog1
qr unit2

propertyが1の場合、コマンドは印刷ダイアログの表示に対して適用されます。

- valueが1の場合、印刷の前に印刷ダイアログが表示されます。

- valueが0の場合、印刷の前に印刷ダイアログが表示されません (デフォルト値)。

propertyが2の場合、コマンドはドキュメントの単位に対して適用されます。

- valueが0の場合、ドキュメントの単位はポイントです。

- valueが1の場合、ドキュメントの単位はセンチです。

- valueが2の場合、ドキュメントの単位はインチです。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なpropertyを渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

参照

QR Get document property.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次