QR GET HEADER AND FOOTER

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR GET HEADER AND FOOTER (area; selector; leftTitle; centerTitle; rightTitle; height{; picture{; pictAlignment}})

引数説明
area倍長整数エリア参照
selector倍長整数1 = ヘッダ, 2 = フッタ
leftTitle文字列左側に表示されるテキスト
centerTitle文字列中央に表示されるテキスト
rightTitle文字列右側に表示されるテキスト
height実数ヘッダまたはフッタの高さ
pictureピクチャ表示するピクチャ
pictAlignment倍長整数ピクチャの整列属性

説明

QR GET HEADER AND FOOTER コマンドを使用し、ヘッダまたはフッタの内容とサイズを取得することができます。

selector を使用して、ヘッダまたはフッタを選択します:

selectorに1を指定すると、ヘッダ情報を取得できます。

selectorに2を指定すると、フッタ情報を取得できます。

leftTitle, centerTitle そして rightTitleにはそれぞれ左側、中央、右側にあるヘッダまたはフッタの値が返されます。

heightには、そのレポートに対して選択された単位で表わされたヘッダまたはフッタの高さが返されます。

pictureには、ヘッダまたはフッタに表示されるピクチャが返されます。

pictAlignmentには、ヘッダまたはフッタに表示されるピクチャの整列属性が返されます。

pictAlignmentが0の場合、そのピクチャは左揃えです。

pictAlignmentが1の場合、そのピクチャは中央揃えです。

pictAlignmentが2の場合、そのピクチャは右揃えです。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なselector引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

例題

次のコードは、ヘッダタイトルの値とヘッダサイズを取得し、それを警告として表示します:

   QR GET HEADER AND FOOTER(MyArea;1;$LeftText;$CenterText;$RightText;$height)
   Case of
      : ($LeftText # "")
         ALERT("The left title is "+Char(34)+$LeftText+Char(34))
      : ($CenterText # "")
         ALERT("The center title is "+Char(34)+$CenterText+Char(34))
      : ($RightText # "")
         ALERT("The right title is "+Char(34)+$RightText+Char(34))
      Else
         ALERT("No header title in this report.")
      End case
   ALERT("The height of the header is "+String($height))

参照

QR SET HEADER AND FOOTER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次