QR SET SELECTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR SET SELECTION (area; left; top; right; bottom)

引数説明
area倍長整数エリア参照
left倍長整数左境界
top倍長整数上境界
right倍長整数右境界
bottom倍長整数下境界

説明

QR SET SELECTION コマンドを使用するとマウスクリックをした場合と同様に、セルや行、カラム、またはエリア全体を反転表示 (選択) することができます。また、現在選択されている範囲を解除することもできます。

leftには左側境界となるカラムの番号を指定します。leftが0の場合行全体が選択されます。

topには上側境界となる行番号を指定します。topが0の場合カラム全体が選択されます。

rightには右側境界となるカラムの番号を指定します。

bottomには下側境界となる行番号を指定します。

Notes:

lefttopの両方が0の場合、エリア全体が反転表示 (選択) されます。

・選択範囲を設定したくない場合、lefttoprightbottomに-1を渡します。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

参照

QR GET SELECTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次