QR SET BORDERS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2003


QR SET BORDERS (area; column; row; border; line{; color})

引数説明
area倍長整数エリア参照
column倍長整数カラム番号
row倍長整数行番号
border倍長整数罫線の合成値
line倍長整数線の太さ
color倍長整数罫線のカラー

説明

QR SET BORDERS コマンドを使用し、指定したセルの罫線スタイルを設定できます。

areaにはクイックレポートエリアの参照を渡します。

columnにはセルのカラム番号を渡します。

rowにはセルの行番号を渡します。

rowが-1の場合、レポートのタイトル行に適用されます。

rowが-2の場合、レポートの詳細行に適用されます。

rowが-3の場合、レポートの総計行に適用されます。

rowが正の整数の場合、その数値は小計 (ブレーク) レベルを示します。

QR Rows for Propertiesテーマの定数を使用して、行項目を指定することができます (qr title= -1, qr detail=-2, qr grand total=-3)。

borderには、適用するセルの罫線を示す合計値を渡します:

・1 = 左側の罫線

・2 = 上側の罫線

・4 = 右側の罫線

・8 = 下側の罫線

・16 = 内側の垂直罫線

・32 = 内側の水平罫線

QR Bordersテーマの定数を使用して、罫線項目を指定することができます。

例えばborderに値5を渡すと、右側と左側の罫線に適用されます。

lineにはその線の太さを返します:

・0 = 線なし

・1 = 1/4ポイント

・2 = 1/2ポイント

・3 = 1ポイント

・4 = 2ポイント

colorはその線の色です:

colorが正の値である場合、指定の色を示します。

colorが0の場合、黒色を示します。

colorが-1の場合、色は変更されません。

Note: デフォルトの色は黒です。

無効なarea番号を渡した場合、エラー番号-9850が生成されます。

無効なcolumn引数を渡した場合、エラー番号-9852が生成されます。

無効なrow引数を渡した場合、エラー番号-9853が生成されます。

無効なborder引数を渡した場合、エラー番号-9854が生成されます。

無効なline引数を渡した場合、エラー番号-9855が生成されます。

参照

QR GET BORDERS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次