EDIT FORMULA

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004.4 (Modified)


EDIT FORMULA (aTable; formula)

引数説明
aTableテーブルフォーミュラエディタにデフォルトで表示するテーブル
formula文字変数フォーミュラエディタに表示するフォーミュラを含む変数
またはエディタの実を表示するには ""
ユーザが確定したフォーミュラ

説明

EDIT FORMULAコマンドを使用してフォーミュラエディタを開き、ユーザはフォーミュラを作成したり変更したりできます。次の項目をデフォルトとして表示することができます。

・左側のリストには引数aTableに渡したテーブルのフィールド。

・フォーミュラエリアには、変数formulaに格納されたフォーミュラ。formulaに空の文字列を渡した場合、デフォルトのフォーミュラは表示されず、フォーミュラエディタのみが表示されます。

ユーザは表示されたformulaを変更して保存できます。また新規にフォーミュラを記述したりロードしたりすることもできます。ユーザがダイアログを受け入れると、システム変数OKに1が設定され、formula 変数にはユーザが決定したフォーミュラが格納されます。ユーザがフォーミュラをキャンセルすると、システム変数OKに0が設定され、formula 変数は変更されません。

Note: デフォルトで、すべてのユーザーに対してメソッドとコマンドの使用は制限されます。(4D2004.4以降のバージョンにて作成されたデータベースで、DesignerとAdministratorを除く)。このメカニズムが有効であるとき、開発者はSET ALLOWED METHODSコマンドを使用して、ユーザが利用可能な要素を明示的に指定する必要があります。もしformulaが、SET ALLOWED METHODS コマンドを使用してフォーミュラエディタで許可されていないメソッドを呼び出すと、シンタックスエラーが生成され、ダイアログボックスを受け入れることはできません。

ダイアログボックスが確定したとしても、formulaが実行されないことを心に留めてください。フォーミュラの検証と変数の中身が更新されるだけです。formulaを実行する必要がある場合は、EXECUTE FORMULA コマンドを使用しなければなりません。

例題

事前に入力されたフォーミュラは使用せず、[Employees]テーブルを使用してフォーミュラエディタを表示します:

   $myFormula:=""
   EDIT FORMULA([Employees];$myFormula)
   If (OK=1)
      APPLY TO SELECTION([Employees];EXECUTE FORMULA($myFormula))
   End if

参照

APPLY TO SELECTION, EXECUTE FORMULA, SET ALLOWED METHODS.

システム変数またはセット

ユーザーがダイアログボックスを確定した場合は、システム変数OKに1が代入されます。ダイアログをキャンセルした場合は、システム変数OKに0が代入されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次