SET CGI EXECUTABLE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SET CGI EXECUTABLE (url1{; url2})

引数説明
url1文字列アクセスURL
url2文字列アクセスURL

説明

SET CGI EXECUTABLE コマンドを使用して、WebユーザがCGIをURL上で確認できない状態で、CGIを実行できます。特に On Web Authentication データベースメソッド において、どのCGIを実行するかを決定するためにこのコマンドを使用できます。Mac OS XとWindowsの両方で利用可能です。

Note: CGIに関する詳細は、CGIを使用する の節を参照してください。

引数 url1 には、実行されるCGIのアクセスURLを渡します。例えば、SET CGI EXECUTABLE("/myfile.pl") と記述すると、4D WebサーバはCGI myfile.pl を実行します。このアプリケーションはWebサーバのデフォルトフォルダに保存されていなければなりません。

空の文字列 ("") を引数 url1 に渡すと、該当する場所で、4Dは直接ブラウザによって送られたURLで指定されたCGIを実行します。

オプション引数 url2 には、CGIで処理を行いたいファイルのアクセスURLを渡します。例えば、SET CGI EXECUTABLE("cgi-bin/Perl2.cgi";"Perl2.pl") と記述すると、WebサーバはそれをPerl2.plファイルへ渡すことによって、CGI Perl2.cgi (cgi-binフォルダに保存されている) を実行します。

空の文字列 ("") を引数 url2 に渡すと、処理を行うために、4Dはブラウザによって送られたURLで指定されたファイルをCGIに渡します。特に、このメカニズムはPHPによって使用されます。例えば、SET CGI EXECUTABLE("/cgi-bin/php";"") などです。

コマンドによって表示されるアクセスURLが正確でないと、ブラウザはエラーページ "File not found" を表示します。

SET CGI EXECUTABLE コマンドは、直接エラーを返さないことを記憶しておいてください。CGIが呼び出された際、後にに使用される "カレント値" を代入するのみです。

このコマンドで複数回呼び出しを行った場合、最後の呼び出しで表された値のみが使用されます。

例題

以下の例題は、cgi-binフォルダに保存されていないexample.phpファイルが、cgi-binフォルダに保存されているCGI Perl2.cgiによって処理されていることを表します。

   SET CGI EXECUTABLE("/cgi-bin/Perl2.cgi";"example.php")

参照

CGIを使用する.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次