GET HTTP BODY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


GET HTTP BODY (body)

引数説明
bodyBLOB | テキストHTTPリクエストのボディ

説明

GET HTTP BODY コマンドは、処理中のHTTPリクエストのボディを返します。 HTTPボディは、処理や解析されることなく、そのままの状態で返されます。

このコマンドは、非コンテキストモードのみで機能します。Webデータベースメソッド (On Web Authentication データベースメソッドOn Web Connection データベースメソッド) 、または非コンテキストモードで実行されるWebメソッドでこのコマンドを呼び出します。

引数 body にはBLOBまたはテキストタイプの変数やフィールドを渡します。一般的にはBLOBタイプの使用が好ましいということを記憶しておいてください。それは文字数に制限がないからです。一方、テキストタイプには、32,000文字までという制限があります。この文字数を超えてしまうと、受け取った超過データは削除されます。

例えばこのコマンドを使用して、リクエストのボディ内を検索することができます。また上級ユーザは、4Dのデータベース内でWebDAVサーバを設定することもできます。

例題

4D Webサーバに簡単なリクエストを送り、HTTPボディの内容をデバッガで表示します。

以下は4D Webサーバに送られたフォームと対応するHTMLコードです。

次はTest4D2004メソッドです。

   C_BLOB($request)
   C_TEXT($requestText)

   GET HTTP BODY($request)
   $requestText:=BLOB to text($request;UTF8 Text without length)
   SEND HTML FILE("page.html")

Note: このメソッドのプロパティに"4DACTION、4DMETHODあるいは4DSCRIPTで利用可能"を指定します。

フォームがWebサーバに提出されると、変数$requestTextは、HTTPリクエストボディのテキストを受け取ります。

参照

GET HTTP HEADER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次