SQL SET OPTION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.4 (Modified)


SQL SET OPTION (option; value)

引数説明
option倍長整数設定するオプション番号
value倍長整数 | 文字列新しいオプションの値

説明

SQL SET OPTIONコマンドを使用して、optionに渡したオプションのvalueを変更します。

optionには“SQL”テーマにある次の定数のうちいずれかを渡します:

Constant説明と取りうる値
SQL Asynchronous (1)0 = 同期接続(デフォルト) ,
1 (あるいは0以外の値) = 非同期接続
SQL Max Rows (2)結果グループの最大行数
(プレビューで使用)
SQL Max Data Length (3)返されるデータの最大長
SQL Query Time Out (4)SQL EXECUTEコマンドの実行時に応答を待機する最大タイムアウト
値: 秒数
デフォルト: タイムアウトしない
SQL Connection Time Out (5)SQL LOGINコマンドの実行時の最大タイムアウト
この値が考慮されるためには、接続を開く前に
この値を設定しなくてはなりません。
値: 数秒
デフォルト: タイムアウトしない
SQL Charsets (100)外部ソースへ送られるリクエストで使用される
テキストエンコーディング (SQLパススルー経由)
変更はカレントプロセスのカレント接続に対して
実行されます。
値: MIBEnum識別子 (Note2を参照)
または"WCHAR"文字列 (Note3を参照)
デフォルト: 106 (UTF-8)

Notes:

1. 4Dの内部SQLカーネルを使用する場合、SQL Asynchronousオプションは意味を持ちません。この場合常に同期接続が使用されます。

2. MIBEnum番号は、次のアドレスで参照できます。http://www.iana.org/assignments/character-sets.

3. SQL Charsetvalueとして "WCHAR" 文字列が渡されると、4D SQLサーバにより使用されるエンコーディングは自動で実行中のプラットフォームに合わせて適用されます:

- Windows, UTF-16

- Mac OS, UTF-32

参照

SQL GET OPTION.

システム変数またはセット

コマンドが正常に実行されるとシステム変数OKには1が代入され、それ以外の場合は0が代入されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次