SQL SET PARAMETER

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SQL SET PARAMETER (object; paramType)

引数説明
object4Dオブジェクト使用する4Dオブジェクト (変数、配列、フィールド)
paramType倍長整数引数タイプ

説明

SQL SET PARAMETERコマンドを使用すると、4D変数や配列、フィールドをSQLリクエストで使用することができます。

Note: リクエストテキスト内で、<< と >>記号の間に4Dオブジェクト(変数、配列、フィールド)を直接挿入できます(例1を参照)。詳細についてはSQLコマンドの概要の節を参照してください。

- object引数には、リクエストで使用する4Dのオブジェクト(変数、配列またはフィールド)を指定します。

- paramType引数には、パラメタのSQL型を渡します。値を渡すか“SQL”テーマにある次の定数のいずれかを使用することができます:

定数
SQL Param In倍長整数1
SQL Param In Out倍長整数2
SQL Param Out倍長整数4

SQLリクエスト内におかれた?記号が4Dオブジェクトの値で置き換えられます(標準のシンタックス)。

リクエストに複数の?記号が含まれる場合、SQL SET PARAMETERコマンドを複数回呼び出す必要があります。4Dオブジェクトの値は、コマンドの実行順に合わせてリクエスト内で順次割り当てられます。

例題

1. この例は、SQLリクエスト内に4D変数を直接記述しています:

   C_TEXT(MyText)
   C_LONGINT(MyLongint)

   SQL LOGIN("mysql";"root";"")
   SQLStmt:="insert into app_testTable (alpha_field, longint_field) VALUES (<<MyText>>, <<MyLongint>>)"
   For (vCounter;1;10)
      MyText:="Text"+String(vCounter)
      MyLongint:=vCounter
      SQL EXECUTE(SQLStmt)
      SQL CANCEL LOAD
   End for
   SQL LOGOUT

2. 上記と同じ例題をSQL SET PARAMETERコマンドが使用して書き直しています:

   C_TEXT(MyText)
   C_LONGINT(MyLongint)

   SQL LOGIN("mysql";"root";"")
   SQLStmt:="insert into app_testTable (alpha_field, longint_field) VALUES (?,?)"
   For (vCounter;1;10)
      MyText:="Text"+String(vCounter)
      MyLongint:=vCounter
      SQL SET PARAMETER(MyText;SQL Param In)
      SQL SET PARAMETER(MyLongint;SQL Param In)
      SQL EXECUTE(SQLStmt)
      SQL CANCEL LOAD
   End for
   SQL LOGOUT

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されるとシステム変数OKには1が代入され、それ以外の場合は0が代入されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次