SET SCROLLBAR VISIBLE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


SET SCROLLBAR VISIBLE ({*; }object; horizontal; vertical)

引数説明
*指定時, Objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, Objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時), または
変数 (* 省略時)
horizontalブールTrue = 表示, False = 非表示
verticalブールTrue = 表示, False = 非表示

説明

SET SCROLLBAR VISIBLE コマンドは、引数object* で指定したオブジェクトの水平/垂直スクロールバーの表示/非表示を設定します。

オプションの * 引数を指定した場合、objectはオブジェクト名です (文字列) 。オプションの * 引数を省略すると、objectは変数です。この場合、文字列ではなく変数参照を指定します。オブジェクト名に関する詳細はオブジェクトプロパティの節を参照してください。

このコマンドが使えるのは以下のフォームオブジェクトです:

・リストボックス

・スクロールエリア

・階層リスト

・サブフォーム

引数horizontalverticalにブール値を指定し、スクロールバーの表示 (True) 、非表示 (False) を設定します。スクロールバーは、デフォルトでは表示されます。

注:スクロールエリアには、水平スクロールバーはありません。しかし、引数としてhorizontalを省略することができないため指定する必要があります。しかし、この値は意味を持たず、無視されます。

参照

Get listbox information, SET VISIBLE, SHOW LISTBOX GRID.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次