SAX ADD XML ELEMENT VALUE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


SAX ADD XML ELEMENT VALUE (document; data; *)

引数説明
documentDocRef開いたドキュメントの参照
dataテキスト | 変数ドキュメントに挿入するテキストまたは変数
**指定時: 特別文字をエンコード
省略時: エンコードしない

説明

SAX ADD XML ELEMENT VALUE コマンドは、documentで参照されるXMLドキュメントにdataを変換せずに直接追加します。このコマンドは例えば電子メールのボディに添付ファイルを挿入するのと同等です。

dataには、直接文字列を、または4D変数を渡せます。変数の内容はXMLドキュメントに挿入される前にテキストに変換されます。

dataの内容をエンコードしたい場合は、ENCODE コマンドを使用しなければなりません。この場合もちろんBLOBをdataに渡します。

デフォルトでコマンドはdata引数に含まれる特別文字 (< > ” ’...) をエンコードしません。これらの文字の円コーディングを強制したい場合、オプションの * 引数を渡します。

このコマンドが正しく実行するには、要素が開かれていなければなりません。そうでなければエラーが生成されます。

例題

この例題は開かれたXML要素にwhitepaper.pdfファイルを挿入します:

   C_BLOB(vBMyBLOB)
   DOCUMENT TO BLOB ("c:\\whitepaper.pdf";vBMyBLOB)
   SAX ADD XML ELEMENT VALUE($DocRef;vBMyBLOB)

参照

SAX GET XML ELEMENT VALUE.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されるとシステム変数OKには1が、そうでなければ0が設定されエラーが生成されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次