DOM SET XML OPTIONS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


DOM SET XML OPTIONS (elementRef; encoding{; standalone{; indentation}})

引数説明
elementRef文字列XML要素参照
encoding文字列XMLドキュメント文字セット
standaloneブールTrue = ドキュメントはスタンドアロン
False (デフォルト) = ドキュメントはスタンドアロンではない
indentationブールTrue (デフォルト) = インデントする
False = インデントしない

説明

DOM SET XML OPTIONS コマンドは、elementRefを使用して設定されたXMLツリーを作成する際に利用されるさまざまなオプションを定義できます。これらのオプションはエンコーディング、スタンドアロンプロパティ、そしてツリーのインデントに関連します:

encoding: ドキュメント中で使用されるエンコーディングを指定します。デフォルトで (コマンドが呼び出されないと) UTF-8文字セットが使用されます。

standalone: ツリーがスタンドアロン (True) か、それが他のファイルや外部リソースを処理のために必要とするか (False) を指定します。デフォルトで (コマンドが呼び出されないか引数が省略されると) 、ツリーはスタンドアロンではありません。

indentation: XMLキー階層に対応してツリーがインデントされて表示されるか (True) 、インデントしないか(False) を指定します。デフォルトで (コマンドが呼び出されないか引数が省略されると) 、ツリーはインデントされます。

例題

以下の例題は使用するエンコーディングとスタンドアロンオプションを設定します:

   DOM SET XML OPTIONS(elementRef;"UTF-16";True) 

参照

DOM Create XML Ref.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次