DOM EXPORT TO FILE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


DOM EXPORT TO FILE (elementRef; filePath)

引数説明
elementRef文字列ルートXML要素参照
filePathテキストファイルへのフルパス

説明

DOM EXPORT TO FILE コマンドは、XMLツリーをディスク上のファイルに格納します。

elementRef 引数には書き出すXMLのルート要素参照を渡します。

filePathには使用する、または作成するファイルのフルパスを渡します。ファイルが存在しない場合は作成されます。

ファイル名のみ (アクセスパスなし) を渡した場合、ストラクチャファイルと同階層でファイルを検索し、または作成します。

空の文字列 ("") を渡すと、標準のファイルを作成・開くダイアログが表示されます。

例題

以下の例題ではXMLツリーvElemRefをファイルMyDoc.xmlに格納します:

   DOM EXPORT TO FILE(vElemRef;"C:\\folder\MyDoc.xml")

参照

DOM EXPORT TO VAR, SVG EXPORT TO PICTURE.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されるとOKシステム変数に1が、そうでなければ0が設定され、エラーが生成されます。

エラー処理

エラーは以下の場合に生成されます:

・ルート要素参照が無効の場合。

・アクセスパスが無効の場合。

・ボリュームがエラーを返す場合 (空き容量がない場合など)。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次