DOM Find XML element

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


DOM Find XML element (elementRef; xPath{; arrElementRefs}) elementRef

引数説明
elementRef文字列XML要素参照
xPathテキスト | BLOB検索する要素のXPathパス
arrElementRefs文字列 16 配列見つかった要素参照のリスト (該当する場合)
戻り値elementRef見つかった要素の参照 (該当する場合)

説明

DOM Find XML element コマンドはXMLストラクチャ中で特定のXML要素を検索するために使用します。検索はelementRef 引数で指定された要素から開始されます。

探すXMLノードはXPath記法を使用で xPath 引数に指定します (XML DOM コマンドの概要の節の"XPath記法の利用"を参照)。インデックス付きの記法を使用できます。

Note: XML標準に従い、検索は大文字小文字を区別します。

コマンドは見つけた要素のXML酸所を返します。

arrElementRefs 文字列配列が渡されると、コマンドはこの配列に見つけた要素のリストを返します。この場合コマンドは結果としてarrElementRefs 配列の最初の要素を返します。この引数はxPath 引数で指定した場所に同じ名前の要素が複数ある場合に利用できます。

例題

1. この例題は素早くXML要素を検索し、値を表示します:

   vFound:=DOM Find XML element(vElemRef;"Items/Book[15]/Title")
   DOM GET XML ELEMENT VALUE(vFound;value)
   ALERT("The value of the element is: \""+value+"\"")

同じ検索を以下の方法で行うこともできます:

   vFound:=DOM Find XML element(vElemRef;"Items/Book[15]")
   vFound:=DOM Find XML element(vFound;"Book/Title")
   DOM GET XML ELEMENT VALUE(vFound;value)
   ALERT("The value of the element is: \""+value+"\"")

Note: 上の例題で示す通り、XPathパスは常にカレント要素の名前から始まります。これは相対XPathパスを扱う場合は特に重要です。

2. 以下のXML構造があるとき:

<Root>
   <Elem1>
      <Elem2>aaa</Elem2>
      <Elem2>bbb</Elem2>
      <Elem2>ccc</Elem2>
   </Elem1>
</Root>

以下のコードを使用してそれぞれのElem2要素への参照をarrAfound 配列に受け取ります:

   ARRAY STRING(16;arrAfound;0)
   vFound:=DOM Find XML element(vElemRef;"/Root/Elem1/Elem2";arrAfound)

参照

DOM Count XML elements, DOM Create XML element.

システム変数またはセット

コマンドが正しく実行されるとOKシステム変数に1が、そうでなければ0が設定され、エラーが生成されます。

エラー処理

エラーは以下の場合に生成されます:

・要素参照が無効の場合。

・指定されたXPathパスが無効の場合。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次