SQL EXPORT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SQL EXPORT (sourceTable{; project{; *}})

引数説明
sourceTable文字列ODBCデータソースにあるテーブルの名前
projectBLOB書き出しプロジェクトの内容
書き出しプロジェクトの新しい内容 (*が渡されていれば)
**書き出しダイアログボックスとプロジェクト更新の表示

説明

SQL EXPORTコマンドを使用して、外部ODBCソースのsourceTableテーブルへデータを書き出すことができます。接続パラメタ(ソース名、ユーザ、パスワード)は、project BLOBに納められます。

Notes:

・プロジェクトには、すべての書き出しパラメタ(特に、データソース、書き出されるテーブルやフィールド)が格納されます。ODBC書き出しダイアログボックスでこれらのパラメタを設定した後、必要に応じてこれらのパラメタをディスクファイルに保存することができます。詳細はDesign Referenceマニュアルを参照してください。

・ODBC書き出しダイアログボックスで生成されたプロジェクトは、4D標準の書き出しダイアログボックスやコマンドに対応していません。

・このコマンドは4D内部のSQLカーネルへの接続では使用できません。

オプションの引数project を渡さない場合、SQL EXPORTコマンドはODBCデータソースを選択するダイアログボックスを表示します:

Windows

Mac OS

ソースを選択すると、4D ODBC書き出しダイアログボックスが現れ、処理の設定を行うことができます。いずれかのダイアログボックスでユーザがキャンセルボタンをクリックすると、実行は中断されてシステム変数OKに0が代入されます。

project引数に有効なODBC書き出しプロジェクトを格納したBLOBを渡すと、ユーザによる操作を必要とせずに直接書き出しが実行されます。これを行うには、DOCUMENT TO BLOBコマンドを使用するなどして、あらかじめディスク上に保存されたプロジェクトをproject引数に渡すフィールドやBLOB変数にロードしておく必要があります。

また、空のproject引数とオプションの引数*を用いてSQL EXPORTコマンドを呼び出した後で、引数projectをBLOBフィールド(後述)に保存することもできます。このソリューションにより、データファイルを用いてプロジェクトを保存し、ディスクからBLOBへのプロジェクトの保存フェーズを省略することができます。

Note: 空のプロジェクトの定義については、EXPORT DATAコマンドの例を参照してください。

オプションの引数*を指定した場合、projectに指定された設定(存在する場合)を用いて、ODBC書き出しダイアログボックスが表示されます。これにより、定義済みのプロジェクトを基に、いくつかのパラメータを変更することができます。さらに、その際はダイアログボックスを閉じた後に、新しいプロジェクトのパラメタがproject引数に格納されます。この後、それをBLOBフィールドやディスクファイルなどに保存できます。

参照

SQL IMPORT.

システム変数またはセット

2つのダイアログボックス(データソース選択、書き出し設定)にて、ユーザーがキャンセルボタンをクリックした場合は、システム変数OKに0が代入されます。エクスポートが実行され、成功した場合にはシステム変数OKに1が代入されます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次