GET BACKUP INFORMATION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


GET BACKUP INFORMATION (selector; info1; info2)

引数説明
selector倍長整数取得する情報のタイプ
info1日付 | 整数セレクタの値1
info2時間 | 文字列セレクタの値2

説明

GET BACKUP INFORMATION コマンドを使用して、データベースのデータに対して行われた前回のバックアップに関連する情報を取得できます。

selectorには取得する情報タイプを渡します。この引数の値として、“Backup and Restore”テーマ内の定数を使用できます:

定数
Last Backup Date倍長整数0
Last Backup Status倍長整数2
Next Backup Date倍長整数4

info1info2の型および内容は、selectorの値によって決まります。

selector = 0 (Last Backup Date):前回のバックアップの、info1に日付、info2に時間が返されます。

selector = 2 (Last Backup Status):前回のバックアップの、info1にステータス番号、info2にそのテキストが返されます。

selector = 4 (Next Backup Date):次回のバックアップの、info1に日付、info2に時間が返されます。

参照

RESTORE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次