Get format

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


Get format ({*; }object) 文字列

引数説明
**指定時, Objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, Objectはフィールドまたは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時), または
フィールドまたは変数 (* 省略時)
戻り値文字列オブジェクト表示フォーマット

説明

Get format コマンドは、object引数で指定されたオブジェクトに適用された現在の表示フォーマットを返します。

オプションの * 引数を指定した場合、objectはオブジェクト名です (文字列) 。オプションの * 引数を省略すると、objectはフィールドまたは変数です。この場合、文字列ではなくフィールドまたは変数参照 (フィールドまたは変数のみ) を指定します。

このコマンドはオブジェクトの現在の表示フォーマット、つまりデザインモードやSET FORMATコマンドで定義されたフォーマットを返します。Get formatは、表示フォーマットを受け入れるあらゆるタイプのフォームオブジェクト (フィールドや変数) に対して使用することができます (ブール、日付、時間、ピクチャ、文字列、数値、ボタングリッド、ダイヤル、サーモメータ、ルーラ、ピクチャポップアップメニュー、ピクチャボタン、3Dボタン)。これらのオブジェクトの表示フォーマットに関する詳細は、SET FORMATコマンドの説明を参照してください。

Note: コマンドを一連のオブジェクトに対して適用した場合、最後に選択されたオブジェクトのフォーマットが返されます。

Get format コマンドを日付、時間、ピクチャタイプのオブジェクト (定数で定義されたフォーマット) に対して適用すると、定数の文字コードに相当する文字列が返されます。定数の値を取得するには、この戻り値に対してCharacter code関数を適用してください(後述)。

例題

1. この例は、“myphoto”という名前のピクチャ変数に対して適用されたフォーマット定数の値を取得します:

   C_STRING(2;$format)
   SET FORMAT(*;"myphoto";Char(On background))
      `Apply background format (value = 3)
   $format:=Get format(*;"myphoto")
   ALERT("Format number:"+String(Character code($format)))
      `Display value "3"

2. この例は、ブールフィールド“[Members]Marital_status”に対して適用されたフォーマットを取得することができます:

   C_STRING(30;$format)
   $format:=Get format([Members]Marital_status)
   ALERT($format)  `Display format, for example "Married;Single"

参照

SET FORMAT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次