GET AUTOMATIC RELATIONS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


GET AUTOMATIC RELATIONS (one; many)

引数説明
oneブールすべてのn対1リレートの状態
manyブールすべての1対nリレートの状態

説明

GET AUTOMATIC RELATIONS コマンドにより、データベースのすべてのマニュアルn対1リレートおよび1対nリレートに関する自動/マニュアルのステータスがカレントプロセスにおいて変更されたかどうかを知ることができます。

one: 前回のSET AUTOMATIC RELATIONSコマンドの呼び出しにより、すべてのマニュアルn対1リレートが自動に設定された場合、この引数はTrueを返します - 例えばSET AUTOMATIC RELATIONS(True;False)

SET AUTOMATIC RELATIONSコマンドが呼び出されなかった場合や、前回の実行によりマニュアルn対1リレートが変更されなかった場合にはFalseを返します - 例えばSET AUTOMATIC RELATIONS(False;False)

many: 前回のSET AUTOMATIC RELATIONSコマンドの呼び出しにより、すべてのマニュアル1対nリレートが自動に設定された場合、この引数はTrueを返します - 例えばSET AUTOMATIC RELATIONS(True;True)

SET AUTOMATIC RELATIONSコマンドが呼び出されなかった場合や、前回の実行によりマニュアル1対nリレートが変更されなかった場合にはFalseを返します - SET AUTOMATIC RELATIONS(True;False)

例題

GET FIELD RELATION コマンドの例題を参照

参照

GET FIELD RELATION, GET RELATION PROPERTIES, SET AUTOMATIC RELATIONS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次