Count in array

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


Count in array (array; value) 倍長整数

引数説明
array配列カウントを行う配列
valueカウントする値
戻り値倍長整数見つかったインスタンスの数

説明

Count in arrayコマンドは、array内で見つかったvalueの数を返します。

このコマンドは、テキスト、文字、数値、日付、ポインタ、ブールタイプの配列に対して使用できます。引数arrayvalueは同じタイプか、または互換性があるタイプでなくてはなりません。

valueと一致する項目がarray内に存在しない場合、コマンドは0を返します。

例題

次の例題は、リストボックス内で選択された行の数を表示します:

      `tBList はリストボックスの配列名
   ALERT(String(Count in array(tBList;True))+" 行がリストボックスで選択されいます。")

参照

Find in array.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次