GET SERIAL PORT MAPPING

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


GET SERIAL PORT MAPPING (numArray; nameArray)

引数説明
numArray数値配列ポート番号の配列
nameArray文字列配列ポート名の配列

説明

GET SERIAL PORT MAPPING コマンドはマシンのシリアルポート番号とシリアルポート名を、2つの配列numArraynameArrayに返します。

Mac OS Xでは、USBシリアルアダプターの使用時に、OSがポート番号を動的に割り当てるため、このコマンドが役立ちます。シリアルポートの実際のIDとは関係なく、その名前(固定)を用いてシリアルポートを取り扱うことができます。

Note: このコマンドは標準ポートでは、意味ある値を返しません。標準ポートを使用する場合は、SET CHANNELコマンドに旧方式である0または1のポート番号を指定してください。

例題

このプロジェクトメソッドは、割り当てられたシリアルポート番号に関係なく同じシリアルポートを取得するために使用できます:

   ARRAY TEXT($arrPortNames;0)
   ARRAY LONGINT($arrPortNums;0)
   C_LONGINT($vPortNum)

      `シリアルポートの現在の番号を取得
   GET SERIAL PORT MAPPING($arrPortNums;$arrPortNames)
   $vPortNum:=Find in array($arrPortNames;vPortName)
      ` vPortName には使用するポートの名前が格納されいる;
      ` この値はダイアログで設定したり、フィールドに格納されいる
   If ($vPortNum>0)
      SET CHANNEL($vPortNum+100; params)  `params には通信パラメタが格納されいる
         `拡張ポートを示す100を加えることを忘れないでください。
   End if
   ...   `処理を実行
   SET CHANNEL(11)     `ポートを閉じる

参照

SET CHANNEL.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次