APPEND TO ARRAY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


APPEND TO ARRAY (array; value)

引数説明
array配列要素を追加する配列
value追加する値

説明

APPEND TO ARRAY コマンドは、arrayの最後に新規要素を追加し、その要素にvalueを代入します。インタプリタモードでは、arrayが存在しない場合、コマンドはvalueの型に対応する配列を作成します。

このコマンドはあらゆるタイプの配列(文字列、数値、ブール、日付、ポインタ、ピクチャ)に対応します。

valueのタイプは配列のタイプと一致しなくてはなりません。一致しない場合は、シンタックスエラー54“引数のタイプが違います”が生成されます。ただし、次の値は受け入れられます。

・文字列配列(テキストまたは文字列)はテキストや文字列タイプのvalueを受け入れます。

・数値配列(整数、倍長整数、実数)は、整数、倍長整数、実数、または時間タイプのvalueを受け入れます。

例題

以下のコードは:

   INSERT ELEMENT($myarray;Size of array($myarray)+1)
   $myarray{Size of array($myarray)}:=$myvalue

このコードに置き換えることができます:

   APPEND TO ARRAY($myarray;$myvalue)

参照

DELETE FROM ARRAY, INSERT IN ARRAY.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次