SORT LISTBOX COLUMNS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SORT LISTBOX COLUMNS ({*; }object; colNum; order{; colNum2; order2; ...; colNumN; orderN})

引数説明
*指定時, objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時) または
変数 (* 省略時)
colNum倍長整数並び替える列番号
order> または <>: 昇順ソート または
<: 降順ソート

説明

SORT LISTBOX COLUMNS コマンドは、1つ以上の列の値に基づいて、object引数<object>および * で指定されたリストボックスの行を並べ替えます。

オプションの引数 * を渡すことにより、object引数がオブジェクト名(文字列)であることを示します。この引数を渡さない場合、object引数が変数であることを示します。この場合、文字列ではなく変数参照を指定します。オブジェクト名についての詳細はオブジェクトプロパティの節を参照してください。

colNumには、ソート条件として使用したい列番号を指定します。ピクチャタイプとポインタタイプを除き、任意のタイプの配列データを使用することができます。

orderには、並び替え順を表わす>または<記号を渡します。orderに>を指定すると、並び替えは昇順になります。orderに<を指定すると、並び替えは降順になります。

マルチレベルソートを定義することができます。これを行うには、必要なだけcolNum;orderのペアを渡します。並び替えレベルは、コマンド内の引数の位置によって決まります。

リストボックス操作の原則に従い、それぞれの列は同期化されます。つまり列の並び順は、自動的にそのオブジェクトの他のすべての列に受け継がれます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次