SET FIELD RELATION

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SET FIELD RELATION (manyTable | manyField; one; many)

引数説明
manyTable | manyFieldテーブル | フィールドリレーションの開始テーブル, または
リレーションの開始フィールド
one倍長整数テーブルまたはフィールドを開始点とする
n対1リレーションの状態
many倍長整数テーブルまたはフィールドを開始点とする
1対nリレーションの状態

説明

SET FIELD RELATION コマンドを使用すると、デザインモードのリレートプロパティウィンドウで設定した初期状態が何であれ、データベースの各リレートの自動/マニュアルの状態を個別に設定できます。

1番目の引数には、テーブルやフィールドの名前を渡します:

・フィールド名 (manyField) を渡すと、コマンドは指定したnフィールドから開始するリレートに対してのみ適用されます。

・テーブル名 (manyTable) を渡すと、コマンドは指定したnテーブルから開始するリレートに対してのみ適用されます。

manyFieldまたはmanyTableから開始するリレートが存在しない場合、シンタックスエラー16(“このフィールドにはリレートが設定されていません。”)が生成され、システム変数OKには0が代入されます。

引数onemanyには、指定した1対nリレートやn対1リレートに適用される自動/マニュアルの状態を示す値を渡します。この値として、“Relations”テーマの定数を使用できます:

・Do not modify (0) = リレートの現在のステータスを変更しない。

・Structure configuration (1) = アプリケーションのストラクチャウインドウで指定されたリレートの設定を使用する。

・Manual (2) = カレントプロセスに対し、リレートをマニュアルに設定する。

・Automatic (3) = カレントプロセスに対し、リレートを自動に設定する。

Note: このコマンドを使用して行った変更は、カレントプロセスに対してのみ適用されます。リレートプロパティウィンドウのオプションを用いて指定されたリレート設定は変更されません。

例題

このコマンドを使用することにより、クイックレポートのリレート管理がさらに容易になります。以前のバージョンの4Dでは、エディタ上でリレートを利用するには、すべてのリレートを自動に設定する必要がありました。次のコードを使用すると、有用なリレートだけを自動に設定できるようになります:

   SET AUTOMATIC RELATIONS(False;False) `すべのリレーションをリセット
      `以下のリレーションのみを使用する
   SET FIELD RELATION([Invoices]Cust_IDt;Automatic;Automatic)
   SET FIELD RELATION([Invoice_Row]Invoice_ID;Automatic;Automatic)
   QR REPORT([Invoices];Char(1);True;True;True)

参照

GET AUTOMATIC RELATIONS, GET FIELD RELATION, GET RELATION PROPERTIES, SET AUTOMATIC RELATIONS.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次