SAX OPEN XML ELEMENT ARRAYS

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004


SAX OPEN XML ELEMENT ARRAYS (document; tag{; attribNamesArray; attribValuesArray}{; attribNamesArray2; attribValuesArray2; ...; attribNamesArrayN; attribValuesArrayN})

引数説明
documentDocRef開いたドキュメントの参照
tag文字列開く要素の名前
attribNamesArray文字配列属性名配列
attribValuesArray文字配列属性値配列

説明

SAX OPEN XML ELEMENT ARRAYS コマンドコマンドを使用して、document で参照されるXMLドキュメント中に新しい要素およびオプションで属性とその値を配列で指定して追加できます。

配列をサポートすること以外 (後述参照)、このコマンドはSAX OPEN XML ELEMENTと同じです。処理に関する情報はこのコマンドの説明を参照してください。

SAX OPEN XML ELEMENT ARRAYS コマンドではオプションで、attribNamesArrayattribValuesArray引数に属性名と属性値のペアを配列形式で渡すことができます。

配列は事前に作成され、属性名と属性値のペアで構成されていなければなりません。複数の配列を渡すことができ、それぞれの配列に複数の配列要素を含めることができます。

例題

以下のメソッドは:

   ARRAY TEXT(tAttrNames;2)
   ARRAT TEXT(tAttrValues;2)
   vElement:="Book"
   tAttrNames{1}:="Font"
   tAttrValues{1}:="Arial"
   tAttrNames{2}:="Style"
   tAttrValues{2}:="Bold"
   SAX OPEN XML ELEMENT ARRAYS($DocRef;vElement;tAttrNames;tAttrValues)

以下の行をドキュメントに書き込みます:

<Book Font="Arial" Style="Bold">

参照

SAX CLOSE XML ELEMENT, SAX OPEN XML ELEMENT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次