New log file

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 2004.3


New log file テキスト

引数説明
このコマンドには、引数はありません。
戻り値テキスト閉じられたログファイルのフルパス名

予備的な注意: このコマンドは4D Serverでのみ動作します。Execute on server経由またはストアドプロシージャでのみ実行可能です。

説明

New log file コマンドは、カレントログファイルを閉じて、そのファイルに別の名前を付けます。

そして、以前と同じ名前の新しいログファイルを前のファイルと同じ場所に作成します。

このコマンドは論理ミラーを使用したバックアップシステムを設定するために使用されます(4D Server Referenceの“論理ミラーの設定”の節を参照)。

このコマンドは、閉じられたログファイルのフルパス名(アクセスパス+パス名)を返します。このファイルは、カレントログファイルと同じ場所に保存されます(これは環境設定のバックアップテーマ内、設定ページで指定します)。このコマンドは、保存するファイルに一切の処理(圧縮やセグメント化)を実行しません。ダイアログボックスは表示されません。

ファイルは、データベースやログファイルのカレントバックアップ番号を使用した別名に変更されます。次のようになります。

例: DatabaseName[BackupNum-LogBackupNum].journal 例えば、

・MyDatabase.4DD というデータベースを4 回保存すると、最後のバックアップファイルの名前は、MyDatabase[0004].4BKとなります。従って最初のログファイルの"セグメント"は、MyDatabase[0004-0000].journalです。

・MyDatabase.4DD というデータベースが3 回保存され、ログファイルが5 回保存された場合、6 度目に実行されるログファイルのバックアップは、MyDatabase[0003-0005].journalです。

参照

INTEGRATE LOG FILE.

エラー処理

エラーが発生すると、コマンドはON ERR CALL コマンドでとらえることが可能なエラーコードを生成します。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次