DELETE INDEX

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11


DELETE INDEX (fieldPtr | indexName{; *})

引数説明
fieldPtr | indexNameポインタ | テキストインデックスを削除するフィールドを指すポインタ
削除されるインデックスの名前
**渡されると = 非同期オペレーション

説明

DELETE INDEXコマンドを使用して、データベースから1つ以上の既存のインデックスを削除します。

フィールドを指すポインタ、またはインデックスの名前のどちらかを渡します。

・フィールド(fieldPtr) を指すポインタを渡すと、そのフィールドに関連するすべてインデックスが削除されます。これはキーワードインデックス、または標準インデックスで構成されます。そのフィールドが1つ以上の複合インデックスに含まれる場合も、それらのインデックスは削除されます。

・インデックス(indexName) の名前を渡すと、指定されたインデックスのみが削除されます。これはキーワードインデックス、または標準インデックスで構成されます。そのフィールド が他のインデックスを含んでいる場合や、他の複合インデックスに属す場合でも、それらのインデックスは削除されません。

任意の* 引数を渡すと、非同期モードでインデックスの削除を実行します。このモードでは、コマンドからの呼び出し後、インデックスの削除が完了しているか、完了していないかに関わらず元のメソッドがその実行を継続します。

fieldPtrまたはindexNameに対応するインデックスがない場合、コマンドは何もしません。

例題

このコマンドの両方のシンタックスの使用例を以下に示します。

      `LastNameフィールドに関連するすべのインデックスを削除
   
DELETE INDEX
(->[Customers]LastName)
      `“CityZip”という名前のインデックスを削除
   
DELETE INDEX
("CityZip")   

参照

CREATE INDEX, SET INDEX.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次