Get menu item modifiers

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11


Get menu item modifiers (menu; menuItem{; process}) 数値

引数説明
menuMenuRef | 倍長整数メニュー参照またはメニュー番号
menuItem倍長整数メニュー項目番号 または
-1: 最後に追加された項目
process倍長整数プロセス番号
戻り値数値メニュー項目に割り当てられたモディファイアキー

説明

Get menu item modifiers コマンドは、menumenuItem引数で指定したメニュー項目の、標準ショートカットに割り当てられた追加のモディファイアキーを返します。

標準ショートカットはCtrl (Windows) または Command (Macintosh) とカスタムキーの組み合わせで構成されます。標準ショートカットはSET MENU ITEM SHORTCUTGet menu item keyコマンドを使用して管理されます。

追加のモディファイアキーはShift キーおよびOption (Mac OS) /Alt (Windows) キーです。これらのモディファイアは、すでに標準ショートカットが指定されているときにのみ使用されます。

このコマンドから返される番号は、追加のモディファイアキーのコードに対応します。キーのコードは以下のとおりです:

Shift= 512

Option (Mac OS) または Alt (Windows) = 2048

両方のキーが使用されているとき、これらの値は加算されます。

Note: 返された値は、“Events (Modifiers)” テーマのShift key maskOption key mask 定数を使用して評価できます。

メニュー項目にモディファイアが割り当てられていないばあ、コマンドは0を返します。

menuItemに-1を渡してmenuに最後に追加された項目を指定することもできます。

menuにはメニュー参照 (MenuRef) またはメニュー番号を渡します。メニュー参照を渡す場合、process 引数は必要なく、渡されても無視されます。メニュー番号を渡す場合、コマンドはカレントプロセスのメインメニューバー中の対応するメニューを考慮します。他のプロセスを指定したい場合、オプションのprocess 引数にその番号を渡します。

例題

Get menu item key コマンドの例題参照

参照

Get menu item key, SET MENU ITEM SHORTCUT.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次