SET LIST ITEM PARAMETER

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11


SET LIST ITEM PARAMETER ({*; }list; itemRef | *; selector; value)

引数説明
**指定時, listはオブジェクト名 (文字列)
省略時, listはリスト参照番号
listListRef | 文字列リスト参照番号 (* 省略時), または
リストオブジェクト名 (* 指定時)
itemRef | *倍長整数 | *項目参照番号, または
0: リストに最後に追加された項目, または
*: リスト中のカレント項目
selector文字列パラメタ定数
value文字列 | ブール | 数値パラメタ値

説明

SET LIST ITEM PARAMETER コマンドは、リスト参照またはオブジェクト名をlistに指定したリスト中、itemRef引数で指定した項目のselector パラメタを設定するために使用します。

1番目の * 引数を渡した場合、list 引数はフォーム中のリストオブジェクトのオブジェクト名 (文字列) です。この引数を渡さない場合、list 引数はリスト参照番号 (ListRef) です。1つしかフォーム上でリストオブジェクトを使用しない、または2番目の * を省略してリスト構造を処理対象とする場合、いずれのシンタックスも使用できます。同じリストの複数のリストオブジェクトがフォーム上にあり、2番目の * を渡してカレントの項目を処理する場合、リストオブジェクトごとにカレント項目が異なるため、オブジェクト名に基づくシンタックスを使用しなければなりません。

itemRefには参照番号を渡すことができます。渡した項目参照番号を持つ項目が存在しない場合、コマンドは何も行いません。オプションとしてitemRefに0を渡し、APPEND TO LISTコマンドを用いてリストへ最後に追加される項目を指定することができます。

最後に、itemRefには * を渡すことができます。この場合、コマンドはリストのカレント項目に対して適用されます。手動で複数のリスト項目が選択されている場合、最後に選択された項目がカレントリスト項目になります。選択された項目が存在しない場合、コマンドは何も行いません。

selectorには“Hierarchical Lists”テーマのAdditional text定数または任意のカスタム値を渡すことができます:

Additional Text: この定数はitemRef項目の右側にテキストを追加するために使用します。この追加されたタイトルは、ユーザが水平スクロールバーを使用した場合でも、リストの右側に常に表示されます。この定数を使用する場合、表示するテキストをvalueに渡します。

・カスタムセレクタ: カスタムテキストセレクタと、対応するテキスト、数値、ブール型の値を指定できます。この値はリスト項目に格納され、GET LIST ITEM PARAMETER コマンドを使用して取り出すことができます。これにより階層リストに関連づけられたインタフェースをセットアップできます。例えば顧客名リストにおいて、年齢をリスト項目に関連付け、項目が選択されたときにそれを表示させることができます。

参照

GET LIST ITEM PARAMETER.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次