TRANSFORM PICTURE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11


TRANSFORM PICTURE (picture; operator{; param1{; param2{; param3{; param4}}}})

引数説明
pictureピクチャ変換するソースピクチャ
変換した結果のピクチャ
operator倍長整数行う変換のタイプ
param1数値変換パラメタ
param2数値変換パラメタ
param3数値変換パラメタ
param4数値変換パラメタ

説明

TRANSFORM PICTURE コマンドは、picture引数に渡したピクチャに、operatorタイプの変換を適用するために使用します。

Note: このコマンドはピクチャ変換演算子 (+/ 等, ピクチャ演算子の節参照) で提供される機能を拡張します。これらの演算子は4D v11でも利用可能です。

コマンド実行後、ソースpictureは直接更新されます。“Crop”と“Fade to grey scale,”処理を除き処理は可逆的で、反対の処理を行うか“Reset”処理を行うことで元に戻すことができます。例えば、1%に縮小されたピクチャは後で100倍することで、変換されることなく元のサイズに戻せます。変換は元のピクチャタイプを変更しません。例えばベクタピクチャは変換後もベクタピクチャです。

operatorには実行する処理を示す数値を渡し、paramには処理に必要なパラメタを渡します。必要なパラメタの数は処理により異なります。“Picture Transformation”テーマの定数をoperatorに指定できます。処理とパラメタの説明は以下のとおりです:

operator ()param1param2param3param4
Reset (0)----
Scale (1)高さ--係数
Translate (2)X軸Y軸--ピクセル
Flip horizontally (3)----
Flip vertically (4)----
Crop (100)X座標Y座標高さピクセル
Fade to grey scale (101)- - - -

Reset: ピクチャに対して実行されたすべてのマトリクス処理 (scale, flip等) が取り消されます。

Scale: param1param2に渡された値に基づき、ピクチャは水平および垂直方向にサイズ変更されます。これらの値は係数です。例えば幅を50%拡げるにはparam1に1.5を渡します。高さを50%縮めるにはparam2に0.5を渡します。

Translate: ピクチャは水平方向にparam1ピクセル、垂直方向にparam2ピクセル移動されます。右方向あるいは下方向に移動するには正数を、左方向あるいは上方向に移動するには負数を渡します。

Flip horizontallyFlip vertically: 元のピクチャは反転されます。事前に実行された移動は考慮されません。

Crop: ピクチャは、param1param2座標 (ピクセル) を開始位置として、切り取られます。新しいピクチャの幅と高さをparam3param4で指定します。この処理は取り消すことができません。

Fade to grey scale: ピクチャはグレースケールに変更されます。引数は必要ありません。この処理は取り消すことができません。

例題

以下はピクチャ切り取りを行う例題です (ピクチャはフォーム上で “トランケート (中央あわせなし)” フォーマットで表示されています):

   TRANSFORM PICTURE($vpGears;Crop;50;50;100;100)

参照

COMBINE PICTURES, ピクチャ演算子.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次