Get localized string

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11


Get localized string (resName) 文字列

引数説明
resName文字列resname属性値
戻り値文字列カレントランゲージで
resNameによって指定された文字列の値

説明

Get localized stringコマンドは、resNameの属性によって指定された、カレントランゲージの文字列を返します。

このコマンドは、XLIFFのアーキテクチャ内だけで機能します。このタイプのアーキテクチャに関する詳細は、Design ReferenceマニュアルにあるXLIFFサポートを参照してください。

Note: Get current database localizationコマンドを使用して、アプリケーションで使用するランゲージを調べることができます。

resNameに現在の対象ランゲージへの訳文を取得するための文字列リソース名を渡します。

Note: XLIFFは大文字小文字を区別します。

例題

以下はxliffファイルの一部です:

<file source-language="en-US" target-language="ja">
[...]
   <trans-unit resname="Show on disk">
      <source>Show on disk</source>
      <target>ディスク上に表示</target>
   </trans-unit>

次のステートメントを実行すると、

   $JAvalue:=Get localized string("Show on disk")

...カレントランゲージが日本語の場合、$JAvalueには、“

ディスク上に表示
”が返されます。



参照

Get current database localization.

システム変数またはセット

コマンドが正確に実行されると、OK変数は1を代入します。resNameが見つからない場合、コマンドは空の文字列を返し、OK変数は0を代入します。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次