WA Execute JavaScript

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2


WA Execute JavaScript ({*; }object; jsCode) 文字列

引数説明
**指定時, objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時) または
変数 (* 省略時)
jsCode文字列JavaScriptコード
戻り値文字列実行結果

説明

WA Execute JavaScript コマンドは、*object で指定したWebエリアで、jsCodeに渡されたJavaScriptコードを実行します。

Mac OSでは、コマンドは結果を返します。

Windowsでは、コマンドは空の文字列を返します。WA EXECUTE JAVASCRIPT FUNCTION コマンドを使用してください。

例題

この例題のJavaScriptコードは、履歴中前のURLを表示します:

   $result:=WA Execute JavaScript(MyWArea;"history.back()")

      ` 

参照

WA EXECUTE JAVASCRIPT FUNCTION.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次