WA SET PAGE CONTENT

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2


WA SET PAGE CONTENT ({*; }object; content; baseURL)

引数説明
**指定時, objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時) または
変数 (* 省略時)
content文字列HTMLソースコード
baseURL文字列相対参照に使用するURL (Mac OS)

説明

The WA SET PAGE CONTENT コマンドは、*object 引数で指定したWebエリアに表示されているページを、content引数で渡されたHTML コードで置き換えます。

Mac OSでは、baseURL引数を使用して、ページ中に存在する相対パスの前に追加するベースURLを指定できます。

Windows では、この引数は効果がなく、ベースURLは指定されません。このプラットフォームでは相対参照を使用できません。

Note: Windows では、このコマンドが呼ばれる前に、ページが既にWeb エリアにロードされていなければなりません。必要であれば"about:blank"URL を使用してブランクページをロードできます。

例題

"Hello world!" を表示して、ベースURL を"file:///" にします (Mac OS のみ):

   WA SET PAGE CONTENT(MyWArea;"<html><body><h1>Hello World!</h1></body></html>";"file:///")

参照

WA Get page content.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次