WA SET PREFERENCE

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2


WA SET PREFERENCE ({*; }object; selector; value)

引数説明
**指定した場合、オブジェクトがオブジェクトの名前 (文字列)
省略した場合、オブジェクトは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクトの名前 ( * を指定した場合)
または、変数 ( * を省略した場合)
selector倍長整数修正される環境設定
valueブール環境設定の値 (True = 許可,
False = 不許可)

説明

WA SET PREFERENCE コマンドを使用して、引数 *object によって指定されたWebエリアに対して、さまざまな環境設定を行います。

引数selectorに修正する環境設定を渡し、引数valueにその環境設定に割り当てられる値を渡します。引数selector には、"Web Area" テーマにある以下の定数の1つを渡します。

定数
wa enable Java applets倍長整数1
wa enable JavaScript倍長整数2
wa enable plugins倍長整数3
wa enable contextual menu倍長整数4

各環境設定を起動するには値に True を渡し、無効にするにはFalse を渡します。

以下はセレクタの用途です:

wa enable Java applets: WebエリアでJavaアプレットの実行を許可するために使用します。

wa enable JavaScript: WebエリアでJavaScriptコードの実行を許可するために使用します。

wa enable plugins: Webエリアでプラグインをインストールを許可するために使用します。

wa enable contextual menu: Webエリアで標準のコンテキストメニューを表示を許可するために使用します。

参照

WA GET PREFERENCE.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次