WA GET URL HISTORY

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2


WA GET URL HISTORY ({*; }object; urlsArr{; direction{; titlesArr}})

引数説明
**指定時, objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時) または
変数 (* 省略時)
urlsArr文字配列訪問したURLの配列
direction整数0または省略=前のURL配列,
1=次のURL配列
titlesArr文字配列ウィンドウタイトルの配列

説明

WA GET URL HISTORY コマンドは、*object 引数で指定したWebエリアのセッション中に訪問したURLを含む1つまたは2つの配列を返します。このコマンドを使用して、カスタムのナビゲーションシステムを作成できます。

提供される情報はセッションに限定されます。言い換えればナビゲーションは同じWebエリアで、フォームが閉じられない間実行されます。

urlsArr 配列には、訪問したURLが返されます。direction 引数が渡されればその値に基づき、配列に前のURL (デフォルト動作)、または次のURLが返されます。これらのリストは、ブラウザの標準の次ページや前ページの内容に対応します。

URLは時間順に並びかえられます。

directionには取得するリストを指定する値を渡します。"Web Area"テーマの以下の定数を使用できます:

定数
wa previous URLs倍長整数0
wa next URLs倍長整数1

direction 引数を省略すると、0が使用されます。

titlesArr 引数を渡すと、URLに関連付けられたウィンドウの名前が返されます。この配列はurlsArr 配列と同期しています。

参照

WA Create URL history menu.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次