WA Create URL history menu

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.2


WA Create URL history menu ({*; }object{; direction}) MenuRef

引数説明
**指定時, objectはオブジェクト名 (文字列)
省略時, objectは変数
objectフォームオブジェクトオブジェクト名 (* 指定時) または
変数 (* 省略時)
direction整数0 または省略=戻るURLのリスト,
1=進むURLリスト
戻り値MenuRefメニュー参照

説明

WA Create URL history menu コマンドは、*object で指定したWebエリアがセッション中に訪問したURL間をナビゲートするメニューを作成します。このコマンドを使用して、カスタムのナビゲーションインタフェースを作成できます。

提供される情報はセッションに限定されます。言い換えればナビゲーションは同じWebエリアで、フォームが閉じられない間実行されます。

directionには取得するリストを指定する値を渡します。"Web Area"テーマの以下の定数を使用できます:

定数
wa previous URLs倍長整数0
wa next URLs倍長整数1

direction 引数を省略すると、0 が使用されます。

メニューが生成されたら、4DのDynamic pop up menu コマンドを使用してそれを表示できます。また4Dのメニュー管理コマンドも使用できます。Dynamic pop up menu コマンドから返されるItemRef 参照 (文字列型) には、訪問したページのURLが含まれます (例題参照)。

メニューを使用しなくなったら、RELEASE MENU コマンドを呼び出してURL履歴メニューを削除します。

例題

以下のコードを、ポップアップメニューを持つ"戻る"3Dボタンに関連付けることができます:

   Case of
         `シングルクリック
      : (Form event=On clicked)
            WA OPEN BACK URL (WA_area)
         `矢印のクリック -> ポップアップ表示
      : (Form event=On Arrow Click)
            `戻る履歴メニューを作成
         $Menu:=WA Create URL history menu (WA_area;wa previous URLs)
            `ポップアップにこのメニューを表示
         $URL:=Dynamic pop up menu ($Menu)
            `項目が選択されたら
         If ($URL#"")
               `Webページを開く
            WA OPEN URL(WA_area;$URL)
         End if
            `メニューを削除しメモリを解放
         RELEASE MENU($Menu)
   End case

参照

Dynamic pop up menu, RELEASE MENU, WA GET URL HISTORY.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次