演算子

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


演算子とは、式の間で行われる操作を指定するために使用する記号です。演算子の機能は、以下のとおりです:

・数値、日付、時間の計算を行います。

・文字列操作、論理式における論理演算、図形上での特殊演算を行います。

・単純な式を組み合わせて新たな式を生成します。

優先順位

式を評価する順番を優先順位と呼びます。4Dの優先順位は厳密に左から右で、代数的順序は採用されていません。次の例を見てみましょう:

   3 + 4 * 5

これは35を返します。最初に式3+4の結果7を求め、それに5を乗じるので、結果は35になります。

左から右の優先順位を変更するには、必ずカッコを使用します。例えば:

   3 + (4 * 5)

この式は、23を返します。カッコがあるため、最初に式(4*5)の結果20を求め、それに3を加えて、結果は23になります。

カッコは、他のカッコの組の内側にネストすることができます。式の評価が正しく行われるように、必ず各左カッコに対応する右カッコを指定してください。カッコが足りなかったり、誤って使用した場合は、予測できない結果、または式が無効になります。またコンパイル行おうとする場合は、左カッコと右カッコは同じ数でなければなりません。コンパイラは、組になっていないカッコをシンタックスエラーとして検出します。

代入演算子

代入演算 := は必ず他の演算と区別しなければなりません。代入演算子は、式を組み合わせて新しい一つのものにするのではなく、右側の式の値を演算子の左側の変数やフィールドにコピーします。例えば、次のステートメントは数値4("Acme"の文字数)を変数MyVarに代入します。MyVarのデータタイプは数値です。


   MyVar := Length ("Acme")

重要: 代入演算子:=と等号比較演算子=とを混同しないでください。

4D言語の他の演算子については、以下の節で説明します:

文字列演算子

文字列演算子の節を参照してください。

数値演算子

数値演算子の節を参照してください。

日付演算子

日付演算子の節を参照してください。

時間演算子

時間演算子の節を参照してください。

比較演算子

比較演算子の節を参照してください。

論理演算子

論理演算子の節を参照してください。

ピクチャ演算子

ピクチャ演算子の節を参照してください。

ビットワイズ演算子

ビットワイズ演算子の節を参照してください。

参照

QUERY, QUERY BY FORMULA, QUERY SELECTION BY FORMULA, データタイプ, 識別子, 定数.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次