Webサイトに関する情報

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


4Dは4D Webサイトの機能に関する情報を提供します。

・特定のURLを使用してサイトをコントロールできます (/4DSTATS/4DHTMLSTATS、/4DCACHECLEAR/4DWEBTEST) 。

・すべてのリクエストのログを作成できます。

・ランタイムエクスプローラウィンドウのウオッチページにあるWeb Serverに関する情報を取得できます。

Web Server管理用のURL


4D Web Serverは、/4DSTATS/4DHTMLSTATS、/4DCACHECLEAR/4DWEBTEST の4つのURLを受け入れます。

/4DSTATS/4DHTMLSTATS/4DCACHECLEAR はデータベースの設計者と管理者のみが利用可能です。データベースの4Dパスワードシステムが起動されていないと、これらのURLはすべてのユーザに対して利用可能となります。

/4DWEBTEST は、常に利用可能です。

/4DSTATS

/4DSTATS URLは以下の情報を純粋なテキストフォームで返します。

・"ヒット" 数 (低レベル接続)

・作成されたコンテキスト数

・作成できなかったコンテキスト数

・パスワードのエラー数

・キャッシュ内に保存されているページ数

・キャッシュの使用率

・ページのリストとスタティックページのキャッシュに格納されているJPEGまたはGIFファイル (*)

(*) スタティックページとピクチャのキャッシュに関する詳細は、Web Server Settings 節を参照してください。

この情報を用いて、サーバの機能を確認することができ、最終的には対応する引数を適合させます。

Note: WEB CACHE STATISTICS コマンドを使用して、スタティックページに対してキャッシュがどのように使用されているかに関する情報を入手することが可能です。

/4DHTMLSTATS

/4DHTMLSTATS URL は、4DSTATS URLと同じ情報を純粋なテキストフォームで返します。その違いは、最後のフィールド (キャッシュに含まれている) で、キャッシュに存在しているHTMLページのリスト (.GIFファイルと .JPEGファイルを除く) のみが返されます。

/4DCACHECLEAR

/4DCACHECLEAR URLは即座にスタティックページとイメージのキャッシュを消去します。そのため、修正されたページを "強制的に" 更新します。

/4DWEBTEST

/4DWEBTEST URLは、Web Serverのステータスを確認するために設計されています。このURLが呼び出されると、4Dは以下のHTTPフィールドを記したテキストファイルのみを返します。

Date: RFC 822フォーマットでの現在の日付

例えば、“日付: Wed, 26 Jan 2000 13:12:50 GMT”

Server: 4D WebStar_D/internal version番号

例えば、“4D WebStar_D/7.0”

User-Agent: 名前とバージョン @ IPクライアントアドレス

例えば、“Mozilla/4.08 (Macintosh; I; PPC, Nav) @ 192.193.00.00”

接続ログファイル 


4Dはリクエストのログを提供します。

このファイルには、“logweb.txt” という名前が付けられ自動的に保存されます。

・4Dのローカルモードと4D Serverでは、データベースストラクチャファイルと同階層のLogsフォルダに配置されます。

・4Dのリモートモードでは、4Dクライアントデータベースフォルダ (キャッシュフォルダ) のLogsサブフォルダ内に配置されます。

起動とフォーマット

ログファイルの内容の起動と設定は、ウェブ/ログフォーマットページ上にあるアプリケーションの環境設定で行われます。

Note: リクエストのログファイルの起動と解除は、SET DATABASE PARAMETER コマンドを使用したプログラミングで実行されます。

ログのフォーマットメニューでは、次のオプションを提供します。

No Log File: このオプションが選択されると、4Dはリクエストのログファイルを作成しません。

CLF (Common Log Format): このオプションが選択されると、リクエストのログがCLFフォーマットで作成されます。CLFフォーマットでは、以下のように、それぞれのリクエストが行単位でファイル内に表示されます。

host rfc931 user [DD/MMM/YYYY:HH:MM:SS] "request" state length

各フィールドはスペースによって区切られ、それぞれの行はCR/LF シーケンス (character 13、character 10) で終ります。

・host: クライアントのIPアドレス (例: 192.100.100.10)

・rfc931: 4Dによって作成されない情報。常に - (マイナス記号) です。

・user: 認証されているユーザ名、あるいは、- (マイナス記号) 。ユーザ名にスペースが含まれると、_ (下線) に置き換わります。

・DD: 日、MMM: 月を表す3文字の略号 (Jan、Febなど)、YYYY: 年、HH: 時間、MM: 分、SS: 秒

・日付と時間はサーバのローカルタイム。

・request: クライアントによって送られたリクエスト (例: GET /index.htm HTTP/1.0) 。

・ state: サーバからの返答。

・length: 返されたデータ (HTTPヘッダー以外) のサイズまたは0

Note: パフォーマンス上の理由により、操作はメモリのバッファに1Kbのパケットで保存され、ディスクに書き込まれます。5秒間リクエストが発生しなくても、操作はディスクに書き込まれます。

stateとして取り得る値は以下の通り。

200: OK

204: No contents

302: Redirection

304: Not modified

400: Incorrect request

401: Authentication required

404: Not found

500: Internal error

CLFフォーマットはカスタマイズされません。

DLF (Combined Log Format): このオプションが選択されると、リクエストログがDLFフォーマットで作成されます。DLFフォーマットはCLFフォーマットと類似していて、全く同じストラクチャを使用します。各リクエストの最後に2つのHTTPフィールド、RefererとUser-agentを追加します。

- Referer: リクエストされたドキュメントを指しているページのURLを含みます。

- User-agent: オリジナルリクエストでクライアントのブラウザまたはソフトウェアの名前とバージョンを含みます。

DLFフォーマットはカスタマイズされません。

ELF (Extended Log Format): このオプションが選択されると、リクエストログがELFフォーマットで作成されます。ELFフォーマットはHTTPブラウザ界で広く普及しています。そして、特別なニーズに応える洗練されたログを構築します。この理由により、ELFフォーマットはカスタマイズされます。レコードするフィールドやそのフィールドをファイルへ挿入する順番を選択することが可能です。

WLF (WebStar Log Format): このオプションが選択されると、リクエストログがWLFフォーマットで作成されます。WLFフォーマットは4D WebSTARサーバ用として特別に開発されました。いくつかの追加フィールドを持つので、EFLフォーマットと似ています。EFLフォーマットと同様、カスタマイズされます。

フィールドの設定

ELF (Extended Log Format) フォーマットまたは WLF (WebStar Log Format) を選択すると、“Weg Log Token Selection” エリアで選択されたフォーマットに対して利用可能なフィールドが表示されます。ログに含む各フィールドを選択する必要があります。これを実行するには、矢印ボタンを使用するか、"Selected Tokens" へ目的のフィールドをドラッグ&ドロップします。

Note: 同じフィールドを2度選択することはできません。

各フォーマットで利用可能なフィールド (アルファベット順) とその内容を以下に示します。

フィールドELFWLF
BYTES_RECEIVEDXサーバが受け取ったバイト数
BYTES_SENTXXサーバがクライアントに送ったバイト数
C_DNSXXDNSのIPアドレス (ELF: C_IP フィールドと同一のフィールド)
C_IPXXクライアントのIPアドレス (例: 192.100.100.10)
CONNECTION_IDX接続ID番号
CS(COOKIE)XXHTTPリクエストに格納されているcookiesに関する情報
CS(HOST)XXHTTPリクエストのHostフィールド
CS(REFERER)XXリクエストされたドキュメントを指すページのURL
CS(USER_AGENT)XXソフトウェアに関する情報とクライアントのオペレーティングシステム
CS_SIPXXサーバのIPアドレス
CS_URIXXリクエストが作成されるURI
CS_URI_QUERYXXリクエストをクエリする引数
CS_URI_STEMXXクエリ引数のないリクエストのパート
DATEXXDD: 日、MMM: 月を表す3文字の略号 (Jan、Febなど)、YYYY: 年
METHODXXサーバへ送られるリクエスト用のHTTPメソッド
PATH_ARGSXCGI引数: “$” の後に続く文字列
STATUSXXサーバの返答
TIMEXXHH: 時間、MM: 分、SS: 秒
TRANSFER_TIMEXX返答を作成するためにサーバによってリクエストされた時間
USERXX認証された場合はユーザ名。その他の場合は - (マイナス記号) 。
ユーザ名にスペースがある場合、_ (アンダーライン) に置き換えられる。
URLXクライアントがリクエストしたURL

Note: 日付と時間はGMTで表されます。

バックアップの周期

Webのログファイルはかなり膨大になります。そのため、自動のアーカイブメカニズムを構築することが可能です。バックアップはある周期 (時間、日、週、月単位) または、ファイルのサイズに基づいて起動します。設定の期限 (またはファイルサイズ) に近づくと、4Dは自動的にカレントのログファイルを閉じてアーカイブします。そして新たにファイルを作成します。

Webのログファイル用のバックアップが起動すると、ログファイルは “Logweb Archives” という名前のフォルダでアーカイブされます。このフォルダは、logweb.txtファイル (tデータベースストラクチャファイルの隣にあります) と同じレベルで作成されます。

アーカイブされたファイルの名前は、以下の例に基づいて変更されます。 “DYYYY_MM_DD_Thh_mm_ss.txt.”

例えば、ファイルがアーカイブされた時間がSeptember 4, 2006 at 3:50 p.m. and 7 secondsである場合、“D2006_09_04_T15_50_07.txt.” になります。

バックアップ引数

リクエストのログ用の自動バックアップ引数は、アプリケーションの環境設定のウェブ/ログスケジューラページに設定されています。

最初に、頻度 (日、週などの単位) またはファイルサイズの上限に対応するラジオボタンをクリックして選択します。必要に応じて、バックアップする正確な時間を指定します。

バックアップしない: 設定されたバックアップ機能が無効になっています。

X 時間ごと: 1時間単位でバックアップをプログラムする際、このオプションを使用します。1から24の間の値を入力します。

- starting at: 最初のバックアップの開始時間を設定するために使用します。

X 日ごと: 1日単位でバックアップをプログラムする際、このオプションを使用します。毎日バックアップを実行したい場合、1を入力します。このオプションをチェックすると、バックアップの開始時間を指定しなければなりません。

・X 週ごと: 1週間単位でバックアップをプログラムする際、このオプションを使用します。毎週バックアップを実行したい場合、1を入力します。このオプションをチェックすると、バックアップを開始する曜日と時間を指定しなければなりません。必要であれば、複数の曜日を選択することも可能です。例えば、水曜日と金曜日を選択し、2つのバックアップを設定することができます。

X 月ごと: 1ヶ月単位でバックアップをプログラムする際、このオプションを使用します。毎月バックアップを実行したい場合、1を入力します。このオプションをチェックすると、バックアップを開始する月においての日付と時間を指定しなければなりません。

サイズ指定: カレントのリクエストログのファイルサイズに基づいてバックアップをプログラムする際、このオプションを使用します。ファイルが設定されたサイズに達した際、バックアップが自動的に起動します。サイズ制限は1、10、100または1000MBごとに設定可能です。

Note: バックアップの設定では、バックアップが開始する予定となっているときにWebサーバが起動していない場合、次回の起動において、4Dはバックアップが失敗したと見なし、データベースの環境設定で示されている適切な設定を適用します。

ランタイムエクスプローラの情報 


Web サーバに関連する3つの情報が、ランタイムエクスプローラにあるウォッチページ (“Web”) に表示されます。

Webキャッシュ使用: Webキャッシュに存在するページ数とその使用率を示します。Webサーバがアクティブでキャッシュサイズが0より大きい場合のみ、この情報が利用できます。

Webサーバ経過時間: Webサーバの使用時間を (時間 : 分: 秒フォーマットで) 示します。Webサーバがアクティブである場合のみ、この情報が利用できます。

Webヒット数: Webサーバが起動してから受け取ったHTTPリクエストの総数と瞬時のリクエスト数を秒単位で示します (2つのランタイムエクスプローラの更新の間で測定) 。Webサーバがアクティブである場合のみ、この情報が利用できます。

Note: ランタイムエクスプローラに関する詳細は、4DのDesign Referenceマニュアルを参照してください。

参照

WEB CACHE STATISTICS, Webサーバ設定.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次