XML SAX コマンドの概要

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11.3 (Modified)


このテーマには4DのXML SAXコマンドがまとめられています。

XMLに関する一般的な情報や、文字セット、DOMとSAXの相違点などについてはXML DOM コマンドの概要の節を参照してください。

SAXでXMLドキュメントを作成、開く、及び閉じる

SAXコマンドは4D標準のドキュメント参照を使用して動作します (DocRef, 時間型参照)。つまりSEND PACKETAppend documentのようなドキュメントを管理するコマンドとともにこれらのコマンドを使用できます。

プログラムによるXMLドキュメントの作成および開くことは、Create documentOpen documentコマンドを使用して実行します。それ以降、これらのドキュメントに対するXMLコマンドの使用は、自動でエンコーディングなどのXMLメカニズムを適用します。例えば <?xml version="1.0" encoding="… encoding …" standalone = "no "?> は自動でドキュメントに書き込まれます。

Note: SAXコマンドで読み込まれるドキュメントはOpen document コマンドにおいて読み込みのみモードで開かれなければなりません。これにより、"標準"およびXMLドキュメントを同時に開くとき、4DとXercesライブラリの間でのコンフリクトが避けられます。読み書きモードで開いたドキュメントでSAX解析コマンドを実行すると、警告が表示され、解析を行うことはできません。

CLOSE DOCUMENT コマンドを使用してXMLドキュメントを閉じなければなりません。XML要素が開かれていると、それらは自動で閉じられます。


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次