On Backup Shutdown データベースメソッド

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


On Backup Shutdown データベースメソッドは、データベースのバックアップが終了するたびに呼び出されます。バックアップが終了する理由には、コピーの終了、ユーザによる中断、そしてエラーがあります。

これはすべての4D環境: 4D (すべてのモード), 4D Server、4D Volume Desktopが統合されたコンパイル済みアプリケーションに当てはまります。

On Backup Shutdown データベースメソッドを使用すると、バックアップが正常に実行されたかどうかを確認できます。バックアップが完了すると、このメソッド内の$1 引数にはバックアップのステータスを示す値が返されます:

・バックアップが正常に終了すると、$1には0が代入されます。

・バックアップがユーザにより中断されたり、エラーが発生した場合、$1には0以外が代入されます。バックアップがOn Backup Startup データベースメソッド ($0 # 0)により停止された場合、$1には$0 引数で返された値が代入されます。これにより、独自のエラー管理システムを実装できます。

いずれの場合も、GET BACKUP INFORMATION コマンドを使用してエラーに関する情報を取得できます。

Note: データベースメソッドで$1 引数 (倍長整数) を宣言しなければなりません:

   C_LONGINT($1)

参照

BACKUP, On Backup Startup データベースメソッド.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次