シンタックスエラーウィンドウ

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


メソッドの実行が停止されると、シンタックスエラーウィンドウが表示されます。メソッドの実行は主に2つの理由で停止されます:

・以降のメソッド実行を妨げるエラーが発生したため、4Dが実行を停止する。

・メソッド実行中にAlt+Click (Windows) または Option+Click (Macintosh)でユーザ割り込みを行う。

シンタックスエラーウィンドウは以下のようなものです:

シンタックスエラーウィンドウの上部テキストエリアには、エラーの説明メッセージが表示されます。下部のテキストエリアにはエラーが発生していた時の行が表示されます。エラーが発生したエリアはハイライトされます。

詳細ボタンをクリックすると、プロセスのエラースタックを表示するウィンドウを展開できます:

ウィンドウの一番下の部分にはアボートトレース続行編集、そして (ウィンドウが展開されていれば) コピーの5つのボタンがあります。

・アボート: メソッドは中断され、メソッドの実行を開始したときの状態に戻ります。イベントに対してフォームメソッドまたはオブジェクトメソッドが実行されている場合には、いずれの場合にも停止され、フォームに戻ります。メソッドがアプリケーションモードから実行されている場合には、このモードに戻ります。

・トレース: トレース/デバッガモードに入り、デバッグウィンドウが表示されます。現在行の一部が実行されている場合には、トレースボタンを数回クリックする必要があるかもしれません。行の実行が終了すれば、デバッグウインドウが表示されます。

・続行: 実行は継続されます。エラーが発生した行は、その位置によっては一部実行される場合があります。慎重に実行を継続してください。エラーが原因で、メソッドが正常に実行できない場合があります。通常は、継続しようとは思わないでしょう。SET WINDOW TITLEのように、コードの残りの部分の実行やテストの妨げにならない単純な呼び出しでエラーが発生している場合に、続行ボタンをクリックしても構いません。このようにすれば、より重要なコーディングに集中し、些細なエラーは後で修正することができます。

・編集: すべてのメソッドの実行は中断されます。4Dはデザインモードに切り替わります。エラーが発生したメソッドがメソッドエディタで表示され、エラーを修正することができます。このオプションは、エラーの内容がすぐ判明し、これ以上調査しなくても修正できる場合に使用します。

・コピー: このボタンをクリックすると、デバッグ情報がクリップボードにコピーされます。この情報はエラーの内部環境 (番号や内部コンポーネント等) を説明します。情報はタブ区切り形式で記述されます。ボタンをクリックしたら、クリップボードの内容を、テキストファイルやスプレッドシート、電子メールなどにペーストし、検証できます。

参照

ON ERR CALL, デバッガ, なぜデバッガを使用するか?.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次