制御フロー

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 6.0


メソッドが単純か複雑かに関係なく、開発者は3つのプログラミング構造のうち、1つ以上のそれを常に使用します。プログラミング構造は、メソッド内で文が実行される順序を決定する実行フローをコントロールします。3つのタイプの構造があります:

・シーケンス

・分岐

・ループ

4Dのプログラミング言語には、これらの構造を制御するステートメントがあります。

シーケンス構造

シーケンス構造は、単純な線形構造です。シーケンスは、4Dが最初から最後まで次々に実行する一連のステートメントです。例えば:

   OUTPUT FORM([People]; "Listing")
   ALL RECORDS([People])
   DISPLAY SELECTION([People])

オブジェクトメソッドで頻繁に使用される1行から成るルーチンは最も簡単なシーケンス構造の例です:

   [People]Last Name:=Uppercase([People]Last Name)

Note: Begin SQL / End SQLキーワードを使用して、シーケンス構造が4DのSQLエンジンで実行されるよう区切ることができます。詳細はこれらのキーワードの説明を参照してください。

分岐構造

分岐構造は、条件をテストし、その結果に基づいて異なる流れのパスにメソッドを導きます。条件はTRUEまたはFALSEに評価されるブール式です。まず分岐構造にはIf...Else...End if構造があり、これは2つの選択肢のうちのいずれかにプログラムの流れを導きます。他の分岐構造にはCase of...Else...End case構造があり、これは多くの選択肢の中の1つだけにプログラムの流れを導きます。

ループ構造

メソッドの作成にあたって、何度も同じ処理を繰り返すことがあります。これに実現するために、4Dは3つのループ構造を備えています:

While...End while

Repeat...Until

For...End for

ループを制御する方法には、条件が満たされるまでループする方法と、指定した回数だけループする方法の2通りがあります。各ループ構造にはいずれの方法も用いることができますが、While ループとRepeat ループは条件が満たされるまで繰り返す場合に、For ループは指定した回数だけループする場合の利用に適切です。

Note: 4Dはプログラム構造 (If/While/For/Caes of/Repeat) を512レベルの深さ(入れ子)まで記述できます。

参照

メソッド, 論理演算子.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次