On Startup データベースメソッド

4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次

version 11 (Modified)


On Startup データベースメソッドは、データベースを開くと1度呼び出されます。

このメソッドは、以下の4D環境で使用されます:

・ローカルモードの4D

・リモートモードの4D (4D Serverから接続を許可された後、クライアント側で)

・コンパイルし、4D VolumeDesktopを組み込んだ4Dアプリケーション

Note: On Startup データベースメソッドは、4D Serverでは起動されません。

On Startup データベースメソッドは、4Dによって自動的に起動されます。プロジェクトメソッドとは異なり、プログラムからデータベースメソッドを呼び出すことはできません。しかしメソッドエディタから実行することはできます。またサブルーチンを使用できます。

On Startup データベースメソッドは、以下のような処理を実行するには最適です:

・作業セッション全体で使用するインタープロセス変数を初期化する。

・データベースを開いた時にプロセスを自動的に開始する。

・以前の作業セッション中に保存された環境設定や初期設定をロードする。

・(システムリソースがない等) 条件が一致しないデータベースの開始を、QUIT 4Dを明示的に呼び出して、避ける。

・データベースを開く度に自動的に実行したい他の動作を実行する。

例題

On Exit データベースメソッドの例題を参照

参照

On Exit データベースメソッド, QUIT 4D, データベースメソッド, メソッド.


4D - Documentation   French   English   German   Spanish   日本語   4D v11 SQLコマンドテーマリスト   4D v11 SQLインデックス   4D v11 SQL定数テーマリスト   戻る   前   次